banner

TOP

コラーゲンを取り入れた食品やドリンクが最近多くなっているのにお気づきでしょうか。鍋に入れるコラーゲンボールや、コラーゲン入りのカクテルなど、今までは使われていなかったところにもコラーゲンを多く見かけるようになりました。それだけコラーゲンに対する注目が高まっているということだと思われますが、実はコラーゲンは体にとって非常に大切でありながら、なかなか吸収するのが難しい成分でもあるのです。
コラーゲンというと、女性が美肌のために摂るようなイメージが先行していますよね。もちろんコラーゲンは美肌には欠かせない成分で、摂りつづけることによってプルプルの美肌が期待できますが、コラーゲンはそれ以外にも非常に重要な役割をもつ成分です。コラーゲンの効果のキーワードは「弾力」で、体のいたるところの弾力を保っているのはコラーゲンだと言えます。たとえば、骨と骨との間のクッションとなる軟骨や、血液を送り出す血管なども弾力がないと損傷しやすくなりますよね。こうした部分にもコラーゲンは使われていますし、それ以外にも体のあちこちでコラーゲンは活躍しているのです。毎日多くのコラーゲンが体内で消費されていくため、年とともに不足してくるコラーゲンですが、実は食べればそれだけ体内のコラーゲンが増えるというものでもありません。コラーゲンは体内で吸収されてから、一度アミノ酸に分解され、その後コラーゲンに再構成される必要があるのです。しかも、天然のコラーゲンはかなり高分子の成分なので、そのままでは体内の消化器官で吸収できず、せっかく食べたコラーゲンがそのまま排出されてしまうことも少なくありません。効率よくコラーゲンを吸収するためには、それなりのコラーゲンを選ぶことが大切です。
その点、コラーゲンのサプリメントやドリンク、ゼリーなど「コラーゲンを摂るため」に作られて商品は、どれもコラーゲンの吸収力を高める工夫がしてあります。コラーゲンを小さい分子に分解することで吸収しやすくしたり、再構成されやすいようにビタミンCを配合したりと、普通にコラーゲンを含んだ食品を食べるよりも、格段に吸収効率が高まるのです。肌や健康のためにコラーゲンを摂りたいというのならば、効率よく摂れる方法で摂るのがおすすめですよ。

Copyright(c) 2012 コラーゲンを上手にとるために All Rights Reserved.
dir